料理・企画 ONDtable

オーガニック畑

畑をはじめました。
これからの食時代を牽引するのは、やっぱり何といっても自国の“農業力”
こんな業態、あんな業態、とエンタメ感に追われていたフード界ですが、
コロナが落ち着いてからも、大きくニーズと実現力が変わって来ると思います。
何と言っても、輸入に頼る食材が多い業態は、作り手も先行き不安。

世界情勢の浮き沈みによる価格高騰なども懸念されますし、
そんなところに向き合うくらいなら、自国の農業で作られる産物を楽しんで、応援しよう。って動きも賑やかに。
それが、社会貢献というよりも、リスク回避であり、効率的だからです。

ここから、きっとおにぎり屋さんファストフードとして増えるでしょう。
国内産小麦の重要性、きっとブランド化もさらに進むでしょう。
農業に関わるブランディングのお仕事をさせていただき、農業の力強さ、自然との戦い、待った無しの世界。
ただただ「すごいなあ…」とシンプルに感じる経験が昨年続きました。
私も、夫と子どもと一緒に畑をはじめることにしました。
小さな小さな種が、芽を出して食卓に並ぶ。
なんとも感動します。
食で人を感動させる、ってやっぱりここが原点だな、と思います。
誰がどこで作った野菜か、肉か、チーズか。
“スローフード”再熱です。

ONDweb | 料理・企画 ONDtable