ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

おもてなし料理の前菜に「可愛い豆ずし」

tumblr_o3m1xeYLI41u5ztozo1_500

「週末おうちでパパの誕生会するのだけど、なんか簡単で見栄えする料理ない?」
と聞かれる事がよくあります。
さっと作れて、みんなが手を伸ばしやすい前菜といえば、カナッペやお寿司です。
今回は、昨日のおひな祭り会のレシピを聞かれたので、ご紹介します。

寿司というと、難しく感じるかもしれません。
でも、一度作ってみたら少ない材料でぱっとできるのでオススメです。

今回は、おひな祭りでしたので、桃色白緑、この菱餅カラーをテーマに。
<作り方:4人前> 1、ごはん2合を炊きたてのうちに、すし酢でさっと酢飯を作る。
2、壬生菜のお漬け物を半分に混ぜる
3、白飯の方から握る….大きいと食べづらいので、手のひらにちょこっとのせて固めるイメージ。
4、アボカドは半分を、皮をむいて薄くスライスレモン汁をかけておく。明太子はほぐしておく。
5、にぎった白飯を指で押して平らにし、アボカド3枚くらいずらしてのせ、ラディッシュの薄切り、明太子でトッピング。※レモンの酸味と明太子の塩分で、醤油が無くてもおいしいです。
※明太子は、イクラでも良いです。 6、サーモンの生のお刺身にレモンをたっぷり絞る。※私は個人的にはサーモンはお刺身を使うようにしてます。しかし、スモークでも良いです、その場合レモンはなくても良い。
7、壬生菜めしの方は、にぎってからサーモンを巻き付け、軽く形を整え、明太子トッピング。

このようにちょこちょこ作ると、必ず具材が余ります。
余った具材は、わさびマヨネースをたして全部まきまき、巻きずしにしてしまいます。
あっという間になくなるのでご注意を。

具材は何でも良いです、レシピというより肝心なのは華やぐポイント。
・巻くタイプと、乗せるタイプの2パターンあると良い。
・刻んだお漬け物をごはんに混ぜ込むことと、
・醤油がなくても食べれる状態にしておくことがコツです。
・寿司は、黒っぽいお皿や、織部、葉っぱに盛りつけると華やかさが増します。
お試しください。
IMG_9801