食の企画開発室 Amond

blog

処暑 トマト

遠田明子の畑のある暮らし

これまで何かと使ってきた「旬」という言葉の意味を、
自分の畑でトマトを育てていてはじめて経験し、理解した気がします。
家族の大好きな野菜なので、初夏〜秋の間には、畑の半分はトマトを栽培しています。
苗がどんどん背が伸びて、分け芽を剪定したり、病気にならないように実がなる前は見守って、
そして、梅雨が明けて夏になるとともに実がなってくる。
あっという間に、真っ赤な実がどんどん出てくるようになります。

生き生きとして、水分もたっぷり含んだトマト。
でもこのトマトの苗も、秋になれば枯れてしまう。
今この瞬間、これが「旬」なんだ、ある日の畑のトマトを見ていて思いました。

ある意味、命には最盛期があって、そして終わりがあること、だからこそ
旬というその最も輝く瞬間の食べ物からは、力強い生命力があるはずだと感じます。
「いただきます」と言って食べる意味もここにあるような気がします。

さて、お盆をすぎても、まだまだトマトはとれます。
でも、とっくに旬を過ぎていることはわかります。
もう、あと何週間だろうか。あと何回収穫できるだろうか。
いつまでも旬ではない、でも頑張ってまだまだたくさんの実を届けてくれるトマト。
少し皮も硬くなってきたので、ロースト(セミドライ)にして、オイルに浸して保存します。
パスタや、トースト、チキングリルに添えたり、スペインオムレツやパエリヤも最高です。
グリーンサラダや、ステーキサラダ、海に持っていくサンドイッチに挟んだり。
夏の終わりは、トマト料理の楽しめる季節です。
その中でも、ローストトマトは保存性もあり、気に入ってます。

旬のフレッシュなトマトよりも、いろんなお料理に添えて幅がひろがる
夏の終わりのトマトを、たくさん楽しみたいと思います。

遠田明子の畑のある暮らし

食の新しいブランド立ち上げ・商品/メニュー開発・リニューアル

プロデュース

新規ブランド監修と立ち上げ。
描いている理想の形をまずご相談ください。
ベースとなる条件や基盤を整え、コンセプトを実現させていく。
長期的なブランドづくりのお手伝いをさせていただきます。

閉じる

料理を考える・メニュー改革・空間/世界観をつくる

企画と商品開発

これからの飲食店には、素敵だなと共感される世界観を持つことが大切。
商品の中に、思想やコンセプト、届けたいメッセージがあること。
価値はそこにあります。空間や商品と一緒に世界観を作り上げるお手伝いをさせていただきます。

閉じる

料理会・パーソナルクッキングコーチ

料理研究会

料理研究会は、食べることを楽しみ、
ホスピタリティーと豊かな食卓をつくることを研究する会です。
まず、食べ手となって体験していただく。
メニュー開発のヒントや、世界観を作るという体験を一緒に研究しましょう。
*商品開発のための料理会(ワークショップ)

閉じる

company

社名Amond,llc
事業内容web制作・食プロデュース
所在地〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-8-19
URLhttps://amond.co.jp

contact

contact us