食の企画開発室 Amond

blog

お蕎麦日記2

食べものの中で、麺類の中でとりわけ「蕎麦」が好きです。
福井という蕎麦処で育ったこともあり、20代前半まで福井の蕎麦が一番美味しい、と思って生きてました。
他の地方や県によっては、蕎麦屋さんがそんなにないものですが、東京は蕎麦屋がすごくたくさんある。
なので、お蕎麦屋さんがいっぱいある東京は、都会だけどどこか親しみやすいようなところがあり、安心でした。
でも、江戸の蕎麦は、蕎麦文化と言えるほど、福井で経験した「蕎麦」というものとは別のものでした。
東京の「蕎麦屋」というものは、食事どころ、酒どころとしても伝統と文化があり、
粋かどうかという客の姿勢も含まれているかのような独特の世界観があります。
商品はもちろん、ホスピタリティー、オペレーション、ブランド力などトータル的にみても、
特別な業態、食文化遺産の一つだと私は思っています。

そんなお蕎麦屋さんが都内に何軒かありますが、私が東京で一番最初に出会った蕎麦屋さんは「神田まつや」。
東京下町育ちの職場の先輩に連れて行ってもらったことがきっかけでした。
古めかしい大衆的なその蕎麦屋が、あまりにも洗練されて見えて、かっこよく、
洗練とはモダンでお金をかけた空間だと思っていた自分が、すごく田舎ものなんだな、と思えた瞬間でもありました。

そこから余裕を見つけては、歴史あるの蕎麦屋さん、甘味処、鍋屋さん、お寿司屋さんに隈なく通いました。
中でも神田、銀座には、ヨーロッパの旧市街のような店舗や面白いものがいっぱい埋まっていて、
田舎ものだったからこそなのか、その食べ歩き街歩きが楽しくて。東京に住んでかれこれ20年。
私の中の一番の遊びと言ったら今も街と食の散策です。

さて、「神田まつや」さん。
いつ行っても相変わらずおおらかで、安心で楽しいお店です。
うちの息子の蕎麦屋デビューは、もちろんここ、まつやさんでした。
裏には神田藪そばがあってそちらに比べたら庶民的で、せっかちだけどのどかな風情がある。
働く人の動きにも無駄がなく、嫌なところがない。
もちろん、蕎麦は美味しいし、さっと食べて次はどこに行こう、という軽さがある。
腹八分目で、心は満タン。そんな清々しい帰り道を味わえる。
私にとってはいつまでも、大都会東京の、その旧市街のど中の真ん中にあるような大切なお店です。
先につまみを2,3頼んで昼から小瓶で一杯。〆にもりそば1枚。予算は一人3000円程度。
ここで受けた心地よさ、満足感がいつも初心へと帰らせてくれます。

  • 神田まつや | 遠田明子の食日記つれづれ
  • 神田まつや | 遠田明子の食日記つれづれ

2021年6月7日

食の新しいブランド立ち上げ・商品/メニュー開発・リニューアル

プロデュース

新規に飲食業を始められる企業様、
あるいは、新しい仕組みを考えられている企業様。
描いていらっしゃる理想の形をまずご相談ください。
飲食業は理想通りには進まないことも多いです。
限られた条件の中で、課題を洗い出し、ベースとなる条件や基盤を整え、理想へと仕立てていく。
長期的なブランドづくりのお手伝いをさせていただきます。

閉じる

料理を考える・メニュー改革・空間/世界観をつくる

飲食店企画

オーナーシェフとして独立しお店を持つとき、
企画とビジュアル全てを客観的に構成できるかどうかで、同じ予算でも出来上がるものが変わってきます。
料理をつくることと、店づくり・経営は全く異なる分野です。
私たちは、見た目だけではなく事業計画から未来を見据えた理想のお店をつくるお手伝いをさせていただきます。

閉じる

季節の食材と食卓・24節気と食・パーソナルクッキングコーチ

料理研究会

丁寧に生きること、暮らすこと。
それは、身も心も平和に満たしてくれます。
ホスピタリティーと豊かな食卓をつくる技術を学び、
プロとして活動することを目標にしている方を対象に研究会を設けております。
また、家庭のご事情や制限がある中、家族の食事・お弁当づくりなどで悩まれている方、
1週間の予算、アレルギー、体調、時間の制限など、一般のご家庭向けにも
ご相談の場を設けております。メールにてご相談希望をお送りください。

閉じる

company

社名Amond,llc
事業内容web制作・飲食店プロデュース
所在地〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-8-19
URLhttps://amond.co.jp

contact

お問い合わせはこちら

お仕事のご依頼は、こちらよりお願い致します。