ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

夏のスープ Gazpacho!!!

ガスパチョ

トマトとパプリカの冷製スープ
私は、パプリカがとてもとても好きなので、冷蔵庫に1年中いつもあります。
パプリカと、トマトピューレで作る私の特製ガスパチョのご紹介です。

栄養満点。
パンにもお酒にも会う!
子どもには素麺にかけて、
ハムやチーズを添えてカッペリーニ風に。
温かくても、冷たくても美味しいので、
是非作ってみてください。

【材料】
タマネギ1/3 みじん切り
トマトピューレ200~250cm ※トマト缶でも良い
生のトマト小2〜4個 熟したもの
パプリカ赤 1~2個 ※サイズによって
残り物のパンの耳※スープのために冷凍しておくと便利。
好みでセロリ太い所10cm分くらい みじん切り

オリーブオイル
ローリエ2枚
鷹の爪1個
ニンニク1かけ半割

にんにく1個すりおろし

【作り方】
1、オリーブオイルでローリエと鷹の爪をじわじわあたためる。
2、タマネギ(好みでセロリ)を炒め、蓋をして透明になるまで蒸す。
3、よく火の通ったタマネギに、少し水を加え、冷凍したパン耳か、硬くなったバケット、をげんこつ分くらいの量入れ、一緒に蒸す。
4、パプリカは、カットしてグリルで皮を黒く焦がすように焼き、冷まして皮をむく。
5、鍋にトマトピューレ、パプリカ、ニンニクのすりおろし半子分、塩を小さじ1強入れて温める。
6、煮えてきたら、日から外し、ハンドミキサーか、ミキサーで撹拌する。
7、塩加減を調整し、冷やす。
8、好みで、オリーブオイル、ライム、刻んだパセリや胡瓜、コリアンダー、
モッツアレラとバジリコなどを加えて食べても美味しい。

※パンは、けっこうポイントですが、無かったら入れなくても良い。
残ってるパン耳が一番良いです、8枚切りの食パン耳で2枚分くらい。
バケットなら、端の硬い部分、両サイドカットして、残して冷凍おくとちょうど良い。
秋口の、ホームパーティーのお持たせにもおすすめ。
小さいカップを添えて、ホームバーベキューにも喜ばれます。

遠田明子の料理ガスパチョ