ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

越前和紙の紙漉体験と福井のご紹介

washi

私のふるさとは、福井県です。
東京に来るまではそんな意識はなかったですが、外に出てみると福井は知られてない県でした。
北陸の金沢のとなりと言えば、「あぁ」ってくらいならましな方、「東北だよね」とか、
「富山だよね、実家」というかんじで、どっか日本海のその辺のあたり、ってくらいなイメージが大抵なんだな、 と感じることが多かったです。そんな故郷福井ですが、金沢まで直通で行ける北陸新幹線開通のおかげで最近少し知名度をあげてます。
それは、人と話してて感じます。
福井は、行きづらい場所であるし、これと言って見どころも派手な場所は今のところありませんが、
もし、訪れるならば、オススメの場所があります。
1、越前海岸〜三国〜波松あたりの海岸沿いは、晴れた日の夕方にドライブすると本当に素晴らしいです。
美しい日本海に沈む夕日、わたしの福井の一番美しいと思う自慢の景色です。
2、永平寺〜丸岡城〜おそしそば、永平寺は素晴らしいお寺です。私の地元の丸岡城も、小さくて古くてかわいいお城です。その途中でぜひ、福井名物のおろし蕎麦を食べてください。ぜひ大盛りで。
森ビルの街リノベチームがお金をかけて永平寺を商業的に人工的に再開発しようとしています。
その話を聞いて、がっかりしました。でも、きっと観光地ってそうやって作り上げられるのが手っ取り早いのでしょう。
そうなる前に、ありのままの永平寺を訪れてみてください。ほんとうに、ただの田舎です。山の方にひっそりと大きなお寺があります。
3、越前和紙の紙漉体験。今立町に越前和紙の紙漉体験ができる場所があります。
混んでなければ、すぐに自分の作品を作ることができるので、旅の自分おみやげにおすすめです。
和紙以外なんにも無いところですが、それが良いんです。ついでに、越前漆器の見れる場所もちらほらあるので、是非。
越前漆器は、値段もお手頃、バラエティーも豊富です。
季節は、蟹が食べたければ冬と言いたいところですが、私のオススメは5月か9〜10月です。
北陸は天気が悪いことが多いので、この時期なら比較的快適に福井をお楽しみいただけると思います。