ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

お料理教室cucina_akiko

11月のクチーナアキコのテーマは、『西洋風お料理』でした。
メインはベシャメルソース作りと、グラタン。
その他は、鶏の南蛮酢、ローステッドハーブキャロット、マッシュルームピラフ、
ゴボウの唐揚げ(常備菜のすすめ)、タラとジャガイモのグラタン。
ベシャメルソースは、簡単でかつ隠し味の効いたオリジナルです。
レシピは投稿の一番最後に記しておきます。

img_3004

img_2990 img_2989

img_3003

fullsizerender_1 img_2993

鶏の南蛮漬け、作り方も簡単で簡単で大好評

fullsizerender_2

タラとジャガイモのグラタン
材料:バター 大さじ1*目安
  :小麦粉 バターの同じより少し多めくらいの量
  :牛乳 全部で150ccくらい*お好み
  :★ローリエ1枚、玉葱1/6カット にんにく ほんの少し ナツメグ少々 グローブ2粒
  :生クリーム だいたい50cc〜100ccくらい*濃い牛乳だけでも良い
  :塩指2本でひとつまみ*味見をして濃いかなってくらい
たら(甘塩たら)2枚〜3枚、1枚を4カットそぎ切り→軽く白ワインで蒸す
ジャガイモ:80%ゆででおいたもの*箸がにょきっと刺さる程度→7mmにスライス
フレッシュハーブ(ディル)

ベシャメルソース
小さめの片手鍋にバターを軽く溶かし、火から下ろして小麦粉を入れる。
火から下ろした状態で、小さな泡立て器でペーストにする。
ペーストになったら牛乳を少し入れて一度ペーストとなじませ、ペーストを液状のソースにする
ここまで、火からおろした状態。
牛乳をここで100ccほど足して、★を投入し、ごく弱火にかける。
常に泡立て器で混ぜながら、ソースに香り付けをして、とろとろにしていく。
この工程は、じっくり慌てず、6〜10分かける。
途中★がもつれてきてダマができそうになったら、火からおろして安定させれば大丈夫。
常にかき混ぜながら。
もっさりしてきたら、火からおろし、★をそっと取り除き、
生クリーム、塩、を加える。火にかけず、ただ30秒ほどかき混ぜてなじませる。
※必ず味見をして、塩がきつすぎたら牛乳をほんの少したしてまた混ぜる。
完成

耐熱皿にジャガイモ、タラ、ジャガイモの順に並べて、
高さを均一に、全体に敷き詰めたようにならす。
ベシャメルソースを流し込み、全体に行き渡らせたら、200度のオーブンで30分。
チーズやパン粉をのせないスタイルですが、
のせたければ、仕上がる10〜5分前にのせると良いでしょう。
この組み合せは一番冬っぽくて好きですが、
スモークサーモンをそのまま代用してもよりお手軽で喜ばれます。
その他には、鶏もも肉(塩でマリネ)や、牡蠣、エビ、蟹、ホタテ貝柱なども合います。
いづれも白ワインで蒸してからどうぞ。

ゴボウの唐揚げは、たくさん揚げて、次の日のうどんに添えて..

img_3024