ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

お家のしつらえごと「我が家の床の間」

もちろんご存知の方も多いことですが、
お盆は、サンスクリット語の「盂蘭盆会(ウラバンナ)」からきた仏教用語です。

先祖・精霊を供養する風習ということで、
一般的には、お供え物をしたり、迎え火の灯籠流しをしたり、家族が集まったり、
地域によっていろいろなお盆の表現があると思います。

今回の私のお盆のしつらえのエレメントは、
ブッダ(釈迦)、ハス、菩提樹、夏の風流・風物詩である「お昼寝」「花火」「海水浴」

FullSizeRender 5

IMG_1486
菩提樹はないので、わさわさ茂っていたブルーベリーの枝を。
ハスも手に入らなかったので、クルクマというウコンのお花を。
海水浴で拾った貝をあしらった台に、寝そべるブッダを。

迎え火をイメージしたゴールドのペイントと、行灯はステンドグラスの照明。

S__12582963
壁飾りには、花火をモチーフに作った
3Dブロードパールアートのキャンバスを。

夏のギラギラの暑さはエネルギッシュなので、
お部屋では、爽やかに、リラックスできるしつらえが続きます。
とはいえ、もうすぐ夏の真っ盛りになり、そんな大暑はあっという間に、過ぎていってしまうのでしょう。
この暑さも、楽しんで、一瞬の輝く時間をスローモーションのように見つめながら、
大きな実りの季節を迎えることができるように、少しずつ整えて。

そんな季節の節目を味わえることがしつらえの楽しさです。