ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

アスパラと卵

アスパラが大好きです。
肉厚なアスパラも良いですが、細い柔らかいアスパラも大好きです。
そして一番おいしいこの時期に食べておかないと..と見つけると買います。
春野菜と言って、慌てて2月くらいから山菜やタケノコ食べたりしますが、
国産は、タケノコも山菜も本当は4月末〜5月末が旬と言われてます。
最近は温暖化だし地域によってですが…。

アスパラは、まさに、今。
最近6月に入って食べたアスパラ、今年食べた中で一番おいしかったです。
旬の時期に食べると、同じ野菜でも栄養価も、美味しさも一番良いと言われています。
今、食べ時です。

さて、今回は、そんなアスパラの好きな食べ方をご紹介します。
「アスパラと卵」
うちではそんなネーミングですが、およそシンプルな名前のものは、
手法も簡単です。

ゆで卵と、茹でたアスパラ。
おいしいソース。

アスパラのような、フォルムも火を通したときの色も完璧な野菜は、
あえてデザインする必要も、飾る必要もなく、
束にして盛りつけるのみです。
パーティー料理にも大人気ですので、ぜひお試しください。

ゆで卵….水から卵を入れて沸騰から7分で火からおろし、冷ます。
*写真は、2歳児たちが食べられるように固茹でです。理想はオレンジ色の黄身。

アスパラ…27cm以上のフライパンで、塩をひとつまみのお湯で茹でる。
*アスパラを切らずに曲げずに地面と水平で茹でたいので
さっと茹でて、お湯からあげておく。

ソース….アスパラを茹でるときに、にんにく2個切らずに一緒に茹でる。
ほっくり茹でたニンンクを取り出して、フォークでつぶす。
フライパンにEXVオリーブオイルと、アンチョビフィレ2枚くらいを入れ、
フライパンを傾けアンチョビをほぐしながらゆっくり熱を加える。
つぶしたニンニクも加え、少しぐつぐつしたら、
フライパンのアンチョビ側ではない部分にアスパラを入れてオイルにだけ軽くなじませる。
アスパラがあたたまったら、皿に盛りつけ、残りのソースをスプーンで、
卵の黄身、アスパラの順にかける。

仕上げにブラックペッパーお好みで。
IMG_0973