ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

お家のしつらえごと「我が家の床の間飾り」vol.7「立夏」

こどもの日が終わると、暦上はもう夏の始まり。
「立夏」です。
なんといっても1年でもっとも爽やかな季節。
しつらえも“爽やか”に、海で遊んだミニバカンスの思い出も添えて。

FullSizeRender

床の間は、黄色い花の「ジャスミン」
本当に爽やかで、良い香り、綺麗な黄色で大好きな木です。
この季節に黄色い花を咲かせ、落ちる花びらが星のようで可愛いです。

海で拾ってきた貝殻を並べて、バックの額はまだ新緑の季節なので、
晴明の時の作品をそのまま….。

FullSizeRender (1)

壁飾りは、布でできた蝶々のオブジェと、いつかの坊やの作品と、衣替えしたリース。
昔から蝶々ものを集めてきましたが、蝶々は「free:自由」という意味を持つと言われてます。
最近また蝶デザインに吸い寄せられるのは、
何かに流されず自分の信念を持って生きていきたい、自由に。
そんなことを思っていたからかもしれません。
蝶をメインにした室礼、写真がうまく撮れませんでしたが、自分ではとても気に入ってます。

リースは、ラベンダーの束をざっくりと作り、中央にあしらってみました。
香りが爽やかです。
IMG_0629
熊本では地震があり、まだ家にも帰れず不安な日々を過ごされている大勢の方がいる。
その一方でその他の地域では、GWは気持ちのよい天気が続き、充実した休暇を終えた今日、
さて、これからどんなことを考えて日々過ごしていこうか、どうやってだれかの役に立っていけるか、
自分に問いかける時間を持ちました。
もうすぐ1年の半分を過ごすことになります。
夏に向かって、やるべきことを書き出して、心も空間も整理整頓。

ジャスミンとラベンダーの香りがすべてを前向きにしてくれる気がする
雨だけど、清々しい「立夏」です、少し気を引き締めて参りたいと思います。