ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

6月のcucinaakiko

いつもたのしくみなさんとお料理を作っております。
料理研究会クチーナアキコでございます。
今回は、たまたま同じ職場の方のみの会でしたので、
特別にちょっと非日常的なテーブルコーディネートで参りました。
一年の半分を無事に過ごしたお祝いと、
これからの半分を、元気で楽しく過ごすことができるように…
願いを込めつつ、からだに優しく、美味しいお料理を。
「夏至」ただ通り過ぎるのではなく、
一度、立ち止まって深呼吸してみましょう。

カツオは、鉄分や栄養も豊富で、
一緒に食べると美味しい季節の香味野菜にも
季節の香りや、この時期必要な様々な栄養があります。
お刺身だけで簡単に、という時にも、レモンで食べると
ビタミンcが取れます。
何も、甘いスムージーやサプリをとらずとも、いろいろな味をたのしみつつ、
ちゃっかり美白効果、シミ予防のビタミンcや、ミネラルを摂取できます。
茄子にも、同様(シミ予防)の効果があります。
梅と食して、お腹の調子も整えます。
枝豆には、カルシウム、カリウム、葉酸も多く含まれ、
さらにカルシウム豊富な木綿豆腐と食べれば、完璧です。
からだの中がキレイになるイメージでこの日のお献立、ご用意しました。

お献立
夏のおいなりさん
カツオのたたき
鯛のレモン洗い
枝豆と大葉の飛竜頭
梅茄子の椀
氷室に見立てた ひとくちきんつば
お抹茶

お茶:水出し緑茶(tokyo-singapore:TWG)

6月も盛りだくさんの内容でした。
自家製カツオのたたきの作り方
お刺身の切り方
お刺身の盛り方
簡単ながんもどきの作り方
cucinaakiko特製おいなりさんの作り方
など、和の基本と美味しさのコツのレッスンでした。
来月は、「南イタリアマンマのイタリアン」です。(7/29 土曜日)

この時期、本当にカツオが安くて美味しい時期ですので、是非ご自分でたたいてみてください。
私も実家から無農薬のおいしいタマネギがたくさん届いたので、早速カツオと食べております。
コンロの養生は、こんな感じで。お掃除が楽だと、作る気もおきます。
鮮度が良いお刺身用のカツオのたたきは、一度作るともう定番メニューになることまちがいなし。
本当に美味しいです。
※ポイント
炙る前に、塩をまぶして、優しくこすってなじませます。
金串は、2本使って、バッテンぎみに刺します。
炙ってすぐ冷水へ、冷蔵庫で15〜30分ラップして冷やしてから切るときれいに切れます。
ツマは、時にキュウリの千切りでも、クレソンやカイワレでも。
ミョウガの酢漬けでも。オニオンスライスの場合は、紫(赤)タマネギがおすすめです。