ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

「我家の床の間」おひな祭り

FullSizeRender

おひな祭りのしつらえは、春がやってくるなあ。というときめきと、
まだでも、新芽や苔が生えてくる大地と、春の生命の息吹を感じていたい。
そんなおごそかな気持ちや、風の香りを感じる繊細さを表現したいです。

私のおひな様は、美濃焼きのもの。
少し地味ですが、一体となっているところがロマンチックで、
コンパクトなサイズ感も、気に入ってます。

屏風は、越前和紙の里で自分でデザインして作ったもの。
ぼんぼりは、親友の贈り物のあたたかな光のステンドグラス。
お花は、ユーカリと大好きな大好きなアネモネです。

壁飾りは“流し雛”を、鳥取県の伝統工芸品。
そもそも、ひな祭りの紀元は、
春になる季節の変わり目に子供達の命を奪う疫病がはやり、
人形に身代わりになってもらう為に、このように子に付いた悪いものを流した事がこの風習のはじまり
と言われています。

FullSizeRender (1)

Past