ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

御節

遠田明子美味しい食卓と24節気

遠田明子美味しい食卓と24節気

御節
おせちは、毎年家族の好みで定番化していきつつあります。
私にとっては、家族のためのお正月のお料理ですので、
主人と子どもの好きなものは外せません。
伝統的なものからすれば、私の御節はライトでカジュアルなものだし、
見方を変えれば、おせちってお弁当の一種だなと感じます。
その中でも、定番の縁起ものや、海の幸、山の幸をまんべんなく。
色の美しい金時人参や、亀甲にする大きな里芋も必ずです。

普段の行楽お弁当とちがうところは、
一年で最初に口にするもの、と気合いを入れてかけまわる良い食材探しです。
私は30日〜野菜の切り出しなど仕込みを開始するので、
30日までにびしっとこれだと思う材料をスーパーや専門店をはしごして回ります。
気分はまさに師走。

御節は、こだわりの材料で、丁寧に。
家族3人でお正月を過ごすようになる前は、御節を作るだけの側でした。
600個700個と、休憩もせずに3日間御節を詰める、そんな年末大晦日が10年以上。
今は、たった1個の御節を丁寧に作る。
母の昆布巻きと、田作りが31日に送られてきて、変わらぬ実家の味も入れて。
たくさんの愛情と願いがこもった御節。

家族の味。

つつましやかでも、
今年も手づくりの御節で、家族揃って新年を迎えられることに感謝です。

毎年本当にたくさんのラブコールをいただいておりますので、
本当に今年こそは!おせちレッスンをしようかなと思ってます。

Past