ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

夏至

夏至
早いもので、もう1年の半分が過ぎようとしています。
時が過ぎているようで、過ごしているのは私たち。
私も、慌ただしく、ただただ急いでばかりの半年を過ごしたように感じます。

雨が降って、外出ができない日もありますが、
家にいて、雨の日には何にもしない。
ただ音楽をかけてみたり、静寂の中でコーヒーの香りと読書を楽しんだり、
心と身体をほっとさせることができる、そんな時間も大切です。
「晴耕雨読」
これはまさに、この季節のためにあるような言葉です。

夏至のこの時期をどんなふうに過ごすか、何を食べようか、
毎年少し楽しみにして考えてました。

昨年は、息子が救急車で運ばれる程の喘息の悪化で、
予定していたキャンドルナイトも、仕事も、すべてのことをストップして、
息子に向き合った、そんな思い出があります。
なので、今年は、夏至に何をするか…

何をするかといってもイベントではなく、
この半年の疲れを癒す食べ物を食べること、
好きな景色を見て、そして家族で過ごすゆったりとした時間を丁寧に過ごす。
今年はそれが私の夏至のテーマです。

今月のはじめから、夜は消化の良いもの(菜食)をなるべく食し、
息子にはお菓子は特別な日以外は与えず、自然のおやつを心がけて。

昔から、この湿気と雨の季節、急な疫病で命を落とす子どもが多かったそうです。
医療の発達が進んで、そんなことは少なくなったのですが、
「用心」「未病」「癒し」…献立を考える時に、頭の片隅に置いて、
家族の健康を支える食生活と、日々の暮らしを楽しみたいと思います。

Past