ONDtable

Life with delicious foods and happy table...

重陽の節句のしつらい

今日は9月9日「重陽の節句」
あまりなじみが無い人もいますが、縁起がよくとても好きな節句です。
厳かで可憐な菊を飾ることや無病息災の表現をすることも毎年の楽しみ。

「九」という陽の数が重なることから重陽(ちょうよう)といいます。

昔、中国では奇数を陽の数とし、陽の極である9が重なる9月9日は大変めでたい日とされ、
菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習がありました。
それより菊の節句、菊の宴とも言われています。

日本には平安時代の初めに伝わり、宮中では観菊の宴が催されました。
収穫の時期にもあたるため、庶民の間では「栗の節句」としてお祝いをする場所もあります。

京都の上賀茂神社では、無病息災を祈る重陽の節会が現在でも行われています。
わが故郷の福井でも、「菊人形祭り」という菊の祭典があったり、
この時期、各地で菊を愛でる祭りや行事が催されています。
太宰府天満宮の秋思祭(しゅうしさい)なども有名ですね。

img_2053
今年は、中国人凧職人パンさんのドラゴンのランタンを飾って、
息子が3歳にもうすぐなることのお祝いの意味も込めて、
少し前衛的ですが、長寿、無病息災の床の間飾りとしました。

いつもは豪華に高貴なイメージで扱う菊ですが、
今年の菊の活けは、それに合わせて、かわいらしく。
フランスのアンティークの花器で、秋の野のイメージです。

IMG_2024
先週の料理研究会cucinaakikoでもいくつかご紹介いたしました、菊料理。
東北出身の懐石料理の先生に、昔いろいろと教わりました。
菊は普段あまり食べることはないのですが、
今日は、家族のために無病息災を祈りつつ、菊料理を並べたいと思います。
ささやかながらも、季節の節目でお互いの健康を祈ったり、
感謝の心を伝え合える時間を持てるようにしていけるようにしたいです。
そして、家族の集まるテーブルが、そんなひとときをすごせる大切な場所であることを
今日また考えながら、菊ディナーの準備をしたいと思います。

Past